【毎朝飲む】マキネッタの使い方を徹底解説。おいしいコーヒーを淹れるおすすめの方法

【毎朝飲む】マキネッタの使い方を徹底解説。おいしいコーヒーを淹れるおすすめの方法

2018年12月20日
  • マキネッタを買ったけど淹れ方がわからない
  • 淹れてみたけど思ってたコーヒーと違う

こんな方はこの記事の方法を試してみてください。

僕はモカエキスプレスやブリッカを使ってほぼ毎日コーヒーを抽出しています。
参考になる部分も多いと思いますので最後までご覧ください。

マキネッタの淹れ方まとめ
  • 道具が足りているかチェック
  • 豆を選ぶ
  • 新品は慣らしで一旦抽出
  • サーバーに水を入れておく
  • コーヒー豆の量をはかる
  • 豆を細挽きで挽く
  • バスケットに粉をセット
  • しっかりと蓋を締める
  • 弱火にかける
  • 抽出が始まったら音をしっかりと聞く
  • 完成!

今回の記事ではマキネッタの淹れ方と豆や水の分量、豆の粒度についてご紹介します。一連の流れをお伝えしますので、抽出方法だけ見たい方は下のボタンをクリックしてジャンプしてください。

マキネッタの各パーツの名称と使用用途

マキネッタは直火式エスプレッソマシンの総称です。たくさん種類がありますが、今回はビアレッティ、モカエキスプレスを例に紹介します。

マキネッタは価格も安く、省スペースで始められます。

  • 大きなコーヒー器具を置けない
  • あまりお値段をかけられない
  • エスプレッソ系のコーヒーが好き

こんな方に好まれている印象です。

マキネッタ 部品交換


左からボイラー・バスケット・サーバーです。

  1. ボイラー:水を入れておくところ
  2. バスケット:コーヒーの粉が入るところ
  3. サーバー:抽出されたコーヒーが溜まるところ

抽出中、内部はどうなっているか詳しく知りたい方は下の記事が参考になります。

>>>直火式エスプレッソマシンの仕組み

抽出を始める前に必要なものをチェック

抽出を始める前に必ず必要な物をリストアップします。

深煎りのコーヒー豆を用意する

マキネッタ 使い方

コーヒー豆は深煎りの豆がおすすめです。エスプレッソっぽいコーヒーを飲みたくてマキネッタを買った方は中煎りのコーヒー豆を使ってしまうと「なんか違うな?」となりかねません。

マキネッタ用としてillyは人気があります。

下の記事でおすすめのコーヒー豆を紹介しています。

>>>マキネッタにおすすめのコーヒー豆

ガスコンロ or IHで用意するモノが違う

マキネッタはガスコンロの直火で加熱する道具です。

マキネッタの底面のサイズが通常のガスコンロよりも小さいため、五徳かIH用のプレートを用意する必要があります。

IH裏技

上の図のようにIHを無理やり使う裏技もあるようです。
マキネッタとやかんを半々で置いて、やかんを加熱しながらマキネッタにも熱が伝わるようにすればIHでも使えるみたいです。

五徳などの詳細については下記にまとめてあります。

>>>マキネッタをガスコンロで使うには五徳、IHで使うにはヒーティングプレート

新しいマキネッタはすぐに飲まず慣らし抽出を

新しいマキネッタはアルミ独特の香りがします。

まず最初に淹れて捨ててを繰り返して金属臭を取る必要があります。飲んでも害はないのですがおいしいコーヒーを飲むためには必要な工程です。

古いコーヒー豆や安い豆で淹れる練習と割り切れる方はこだわって慣らしまでやってみてください。

マキネッタ用のコーヒー豆と水の分量

マキネッタの種類水の量粉の量
2カップ100㏄12~15g
3カップ150cc19~21g
4カップ200cc25~28g
6カップ300cc39~42g
ブリッカ80cc20g

好みもありますので、粉の量はおおよそで書いています。多すぎると蓋を締めづらくなり、抽出中に漏れてしまいますので注意してください。

>>>マキネッタの分量まとめ

マキネッタの使い方、淹れ方手順

マキネッタ 使い方

作り方は豆の挽き方・水の量が人によって違う部分もあります。

僕はおいしいコーヒーがしっかりと抽出されれば問題ないと思っていますので、分量は好みを探し当ててください。

サーバーに水を入れておく

マキネッタ 使い方

水の量は3カップの場合150mlくらい。160ml・170mlも試したことがありますが、僕は150mlが好きです。

アイスコーヒーやアイスカフェラテにする場合は100cc。豆の量は変えずに水の量だけ減らしています

スケールや計量カップがない場合は、圧力弁を超えないようにしてください。(圧力弁はボイラーについているポッチ)

コーヒー豆の量を計る

粉 分量

豆をセットするために、最初に量をはかります。豆の量は3カップに対して20g。  18gで作っている方もいますので、18g〜20gくらいでちょうど良いと思います。

豆の量はいつも同量に保つことでおいしいコーヒーを安定して淹れられます。

豆を細挽きで挽く

マキネッタ 使い方

直火式エスプレッソマシンとは言いますが、マキネッタで淹れたコーヒーは「モカコーヒー」という名称です。

豆は細挽きである必要はありません。バスケットに粉が詰まってしまって、抽出が始まらない可能性があるため、細挽きで挽きます。

ナイスカットミルなら1番です。

お店で挽いてもらう場合は細挽きを指定します。スタバの場合は3~5番が細挽きだそうです。

>>>マキネッタ用の豆はお店で細挽きに挽いてもらう

バスケットに粉をセット

マキネッタ 粉 分量

コーヒー豆を挽いたら粉をバスケットに入れていきます。綺麗に平らにするか少しこんもりさせるかが好みで別れますが、僕は少しだけ多めにしています。

粉 分量

ちょっと大袈裟にしていますが、こんな感じでセットする方もいました。

豆をセットするときの注意点
  • 豆を押し込まない(エスプレッソのようにタンピングしない)
  • サーバーが締まらないほどの量は入れない
  • バスケットのアルミ部分に粉が乗らないようにする

この点を注意しなければお湯が上がって来ず、コーヒーを抽出できないトラブルになります。

しっかりと蓋を締める

マキネッタ洗浄

グイっと締めてください。
しつこいですが、しっかりと締まっていなければコーヒーが漏れてしまいます。

火加減はできれば弱火でコトコト。僕は中火~強火

マキネッタ 電気コンロ

弱火~中火でゆっくりと抽出していきます。朝急いでいるときは強火でやってしまっていますが今のところ問題ありません。

余談:ガスコンロかIHで使うというお話を前述しましたが、電気コンロで使えます。モカエキスプレスもブリッカもこの方法で我が家では使っています。

抽出時間や火を止めるタイミング

マキネッタレシピ

※撮影用に開けていますが、飛び散ることもありますので開けないでください。

抽出時間は火の強さにもよりますが中火だと4分程度でできます。強火の状態でしたら、3分くらいで上がってきています。

抽出が始まったらかすかに音が聞こえてきます。

この時点ではほとんどわからないのですが、抽出が終わった頃にはコポコポと音がなります。気づかず放置するとコーヒーが焦げ付いてしまうので注意してください。

完成!

マキネッタ 使い方

これで完成です!

グラスが曇ったので写真はこんな感じで!おいしいエスプレッソ(モカコーヒー)ができました!

>>>マキネッタで淹れるときのコツまとめ(チェックポイント)

どんなコーヒーにアレンジするか

マキネッタはアレンジも楽しめます。抽出後にストレートで飲むと「苦っ」と驚くかもしれません。エスプレッソを砂糖なしのストレートで飲まれている方は大丈夫だと思います。

>>>マキネッタが苦いなと思ったときに読む記事

飲めるコーヒーの種類

このコーヒーはモカと言っても高濃度で抽出していますので、すごく苦いです!エスプレッソをなにも入れずに飲むのも良いですがこんなコーヒーを作ることができます。

  1. エスプレッソ(モカコーヒー)
  2. アメリカン(カッフェアメリカーノ)
  3. アイスアメリカーノ
  4. カフェラテ
  5. アイスカフェラテ
  6. カプチーノ

カプチーノ以外は試しているので下の記事にレシピをまとめました。僕は断然アイスカフェラテ派です。

>>>マキネッタ(モカエキスプレス)で淹れるコーヒーレシピまとめ

マキネッタでクレマは出せるのか

マキネッタレシピ

写真でわずかにクレマ(泡のようなもの)が見えるので、少し触れておきます。

マキネッタではクレマはほとんど出ません。今回紹介しているモカエキスプレスも同様です。
抽出中に泡っぽい感じにはなりますが、落ち着いたらこの泡は消えます。

ブリッカというモカエキスプレスよりも少し高価格帯、高圧の直火式エスプレッソマシンならクレマは出ます。

  1. クレマを作りやすい
  2. 作りがしっかりとしている
  3. マキネッタに比べ少し高圧
  4. 値段は少し高め

エスプレッソマシンは買えないけどラテアートを試したい、練習したいと思っている方はブリッカで試してみてください。

>>>ブリッカについて

マキネッタの洗浄方法、手入れ

マキネッタの洗い方

マキネッタは水洗いをします。本当にこれだけで良いのかなという感じはしますが洗剤はNG

使い込めばどんどん良い味を出してくます。

2台目を買ってみて、使い込んだマキネッタの使いやすさを感じましました。道具を育てる感覚で洗剤なしで洗浄、綺麗な布で磨くという感じで使ってみてください。

洗剤を使えないので、なるべく早めに洗うことをおすすめします。

>>>マキネッタのお掃除(洗浄)方法

マキネッタの淹れ方まとめ

マキネッタの淹れ方まとめ
  • 道具が足りているかチェック
  • 豆を選ぶ
  • 新品は慣らしで一旦抽出
  • サーバーに水を入れておく
  • コーヒー豆の量をはかる
  • 豆を細挽きで挽く
  • バスケットに粉をセット
  • しっかりと蓋を締める
  • 弱火にかける
  • 抽出が始まったら音をしっかりと聞く
  • 完成!

マキネッタの淹れ方はこんな感じです。

淹れ方に悩んでいる方、もう少し豆にこだわりたい方はぜひほかの記事もご覧ください。

コーヒー好きな方にとってはすごく良い道具だと思います。
ちょっと手をかけるだけで、毎日のコーヒーがより素晴らしいものになりますので本当におすすめです。


▼自宅でエスプレッソ系に近いコーヒーを淹れたい方は、マキネッタのレシピをご覧ください。
カフェラテっぽいコーヒーも楽しめます。

>>>マキネッタのレシピまとめ