『HARIO V60 ドリップスケール』レビュー。コーヒーの味を安定させるアイテム

4 min

当ブログはアフィリエイト広告により収益を得ております。

コーヒードリップをするときに欠かせないドリップスケール。

最初に結論ですが、少しでもコーヒーにハマっているのであればすぐに買った方が良いです。

買った方がいい理由

コーヒーも料理と同じく、1gで味は変わります

お値段は4,000円ほどで、タニタの0.1g計量できるスケールに比べると1,000円ほど高いお値段です。

タニタでももちろんコーヒーのドリップはできます。でもHARIO(ハリオ)のスケールを使えば、ペーパードリップで計量と同じくらい大切な時間を量ことができます。

細かく量れるドリップスケールがあれば、ドリップがなかなかうまくいかないという方は抽出が安定します。

すぐに完璧は難しくても、分量を毎回揃えれば、おいしいコーヒーを淹れられることが増えてきます。

ペーパードリップは抽出の技術もですが、分量もとても重要です。

ドリップスケールは上を見ればアプリと連携できるものもあります。「そこまでは必要ないな」という方はHARIOのドリップスケール一択です。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥4,382 (2024/04/24 18:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

HARIO ドリップスケールの機能紹介

サイズ幅140×奥行190×高29mm
本体重量265g
材質ABS樹脂
最大計量2,000g
表示単位2~200g / 0.1g,
200~500g / 0.5g
500~2,000g / 1g
計測時間99分59秒(タイマー音はなし)
オートパワーオフ機能5分 ※
タイマー使用時は同機能のみ99分59秒
必要な電池単4形電池×2
(動作確認用の電池付属)

コーヒー用のドリップスケールとしての機能は十分に備わっています。

0.1g〜2,000gまで量ることができるので、コーヒー以外でも使えますね。計測範囲は最大2,000gですが、容量(重量)が増えるごとに測れる最小単位が変わります。

200gを超えると0.5g単位に変わるので、抽出し始めたころは0.1g量れていますが途中から0.5gに変わる感じですね。

オートパワーオフ機能はありますが、タイマー使用時は自動で消えません

HARIO(ハリオ) V60ドリップスケールのデザイン

HARIO V60 ドリップスケール

ハリオのドリップスケールはシックなデザインがとてもオシャレ。

箱はあまりかっこよくありませんでしたが、中身は完璧です。必要な機能だけが入っていてとても使いやすいです。

右ボタン:ON、OFF。サーバーをセットしたあとにONを押せば0gにリセットされます。OFFは長押し。

左ボタン:ストップウォッチのスタートストップ。

ボタンはフラット(押し込まないタッチタイプ)

HARIO V60 ドリップスケール

ON OFF、START STOPは浮き上がっているタイプのボタンではなくタッチタイプです。

全体がフラットになっていて収まりのいいデザインに見えます。

HARIO V60 ドリップスケール

Amazonのレビューでは「少しだけタッチの感度が悪い」という意見もありました。

たしかに反応が悪いときもありますが、ボタン側の反応が悪いわけではなくフラットすぎるので、ボタンを押したつもりになっているという印象です。

物理ボタンではないので押し込めてないだけかもしれません

ボタン関連でついでに書くと、消し忘れはたまにあります。

タイマーを使っていなければ5分で消えるのですが、タイマーは99分59秒までいってしまうので、たまにすごい時間がたっているときがあります。

本体の重さやサイズ感

HARIO V60 ドリップスケール

重さは269g。

あとでAmazonで見たら265gでしたが誤差ですね。

HARIO V60 ドリップスケール

サイズは【幅120×奥行190×高29mm】とかなりコンパクトです。

しかも裏側に掛け時計のような穴があって壁にかけることができます。

スケールって意外と置き場がないので、とても良いアイデアだと思いました。300gないので、かけても落下することはないはずです。

HARIO V60 ドリップスケール

電池は単4が2本です。

最初の2本は動作確認用らしいので、すぐになくなるかもしれません。

▼充電できる上位モデルもある。長く使うならこちらの方が結果的に安そう。

0.1g単位の計量が可能

HARIO V60 ドリップスケール
9.6g

ハリオドリップスケールは0.1g単位で計量できるので、味が安定します。

豆の量は1g違うと結構味が変化してしまいますので、小数点以下がどれくらいで計量できるかは意外と大切。

0.5g単位くらいなら誤差は少ないですが、1g単位でしか量れない場合は味に違いが出ます。

ちなみに、コーヒー専用スケールなので2gからしか量れません。

お茶っ葉を量れないというレビューがありましたが、タニタをおすすめします。

▼時間は測れません

マキネッタでもハリオを使っていますが、マキネッタしか買わない方は時間を測らなくて良いのでタニタで十分かも)

計量の精度

重さ量れる範囲計量精度
~200gまで0.1g単位±0.2g
200g~500g0.5g単位±1g
500g~1,000g1g単位±3g

僕は500g以上はまず使わないので、最大での誤差は1g単位ですね。

豆の計量時点で±0.2gで計量できるので十分な精度かなと思います。

タイマー機能が便利なドリップスケール

HARIO V60 ドリップスケール
左側がタイマー

ハリオのドリップスケールはタイマー付。

ドリップは豆やお湯の分量、お湯の温度も大切ですが、抽出時間も味に影響を与えます。

長時間ゆっくりゆっくりとドリップすればおいしくなるわけではないので、毎回同じ時間でドリップできるようになれば味も安定します。

ドリップは豆の収縮(呼吸)をしっかり見ながら、抽出にしっかりと集中したいんで視線がいろんなところに散らばるのを避けることができます。

ドリップしながら時間も視線に入ってくるのでめちゃくちゃ便利。

タニタでも0.1gを測れるスケールはもちろんあるので、違いは正直タイマーくらいです。

タイマーだけで倍の金額になるとは思えませんが、それでも僕はこの機能にすごく価値を感じます。

(ハリオがいうにはタイマーですが、時間が進むタイプなのでストップウォッチのような気もします)

HARIO(ハリオ)ドリップスケールまとめ

HARIO V60 ドリップスケール

ハリオドリップスケールは買ってよかったコーヒーグッズです。

特に時間計測がありがたいので、かなり重宝しています。

スケールで4,000円弱?って思いもあるとは思うんですよね。実際僕もそれで何年かタニタを使っていました。
でもコーヒーツール自体どれもかっこいいので、ハリオのドリップスケールに乗せるとやっぱり見た目もかなりいいです。

「自分で淹れて自分で飲むだけだからデザインなんてどうでもいい」と思うかもしれませんが、道具にこだわるのはとても良いことです。

ときには面倒なときもあるコーヒードリップ。
より楽しく、テンションを上げてやるためにも、統一感を出せるグッズは必要だなと思っています。

絶対に必要ではないですが、買ってよかったコーヒーグッズです。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥4,382 (2024/04/24 18:53:11時点 Amazon調べ-詳細)
OD CAFE

OD CAFE

今まで使ってきた器具やコーヒー豆の情報を発信中。
楽天RoomやAmazonにも使用アイテムやアイデアをまとめています。

FOLLOW

カテゴリー:

2 件のコメント