コーノ式ドリッパーの淹れ方。おいしいコーヒーを淹れるための使い方を紹介します。

2 min

当ブログはアフィリエイト広告により収益を得ております。

今回はコーノ式名門ドリッパーでコーヒーを淹れてみます。
淹れ方が難しいと言われることもありますが、ポイントさえ押さえれば簡単です。

コーノ式(kono) ドリッパーセットでの淹れ方

コーノ式 コーヒーの淹れ方
豆の量24g
豆の挽き具合中挽き
抽出量240ml
お湯の温度90℃
抽出方法点滴(ポタポタと落とす感じ)
or
細いお湯でゆっくりと
抽出時間2分ほど

珈琲サイフォン株式會社(製造元)が推奨する豆の量は10mlに対して1gです。

  • 1杯分120ml :12g
  • 2杯分240ml:24g

うちのは4人用のサーバーなので目盛りが細かくはないため、1杯分が少し難しいです。
目盛りの細かいサーバーやビーカーを使うと抽出量の調整もできます。

お湯の注ぎ方は点滴抽出がおすすめ

コーノ式 コーヒーの淹れ方

コーノ式が難しいといわれている理由のひとつとして、点滴抽出を推奨されているということ。ネルでドリップでも使う手法なのですが、確かに難しいんです。

すべてを点滴で抽出する必要はありませんが、コーノ式は蒸らしが必要ない分、最初は点滴で少しずつお湯を豆に浸透させていく必要があります。

徐々にスピードと範囲を広げます。最終段階ではそれなりにスピードが上がっていますが、なるべく細いお湯で。

プロが淹れている動画を見るとすごくわかりやすいです。

高濃度で抽出する方法もおいしい

通常は最後までドリップし続けますが、120mlくらいまで点滴抽出でゆっくりと淹れて、残り120mlはドリップをせずにお湯を注ぎ足すだけという方法も好きです。

高濃度で抽出した上でお湯を継ぎ足すと、深みはあるのにあっさりしたコーヒーを飲むことができるのでおすすめです。
苦み、えぐみなどの不要な成分を取り除くことができる淹れ方なので一度試してみてください。

下のきゃろっとさんの動画はネルで淹れていますが、コーノ式もネルドリップと同様の透過式に分類されるので、同じ方法で抽出することが可能です。

コーノ式 ドリッパーの使い方、淹れ方まとめ

コーノ式 コーヒーの淹れ方

最高のコーヒー器具、コーノ式名門ドリッパーセット

コーノ式 ドリッパーは抽出スピードでコーヒーの味がかなり変わりやすく、とてもおもしろいドリッパーです。

何人分を淹れるかによって調整をしてみてください。

シンプルなのにオシャレで、作りもこだわりがすごく詰まっています。
コーヒーライフにほんの少しアクセントを付けたい方にはすごくおすすめです。

  1. とにかくオシャレ
  2. Instagramでも人気のドリッパーセット
  3. 淹れ方は点滴抽出がおすすめ
  4. 慣れれば難しいものでもない
  5. プロも推奨する本格ドリッパー!
created by Rinker
珈琲サイフォン
¥1,280 (2024/05/26 11:01:15時点 Amazon調べ-詳細)
OD CAFE

OD CAFE

今まで使ってきた器具やコーヒー豆の情報を発信中。
楽天RoomやAmazonにも使用アイテムやアイデアをまとめています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事